井上実優

福岡県出身、1997年生まれ。
小学6年の時、出場した唐津ジュニア音楽祭をきっかけに、音楽塾ヴォイス主宰の西尾芳彦氏に見いだされ、中学の時から歌唱・作詞・作曲の研鑽を積み、高校1年より本格的に楽曲制作をスタートさせた、次世代を担う期待のシンガー。
ロック・R&B・ファンク・バラード・ポップスまで、幅広いジャンルの楽曲を圧倒的歌唱力で歌いこなす、「自分の歌で聴く人すべてを魅了したい」という力強い意志溢れるヴォーカルが魅力の19歳。 この春上京し、日々楽曲制作やレッスンに勤しみ、7月にはデビュー前にも関わらず日本武道館のステージに立ち壮大なバラードを熱唱し、1万人の観客を魅了した。
2017年4月メジャーデビュー。