間々田優アイドル?結婚や彼氏・出身・年齢・誕生日やカップ・事務所・読み方は?

間々田優
スポンサーリンク

タレントさんやミュージシャンなどでデビューされる際にキャッチコピーを付けられることがありますが、「”感情突き刺し系”シンガーソングライター」というキャッチコピーをご存じでしょうか?これは間々田優(ままだ ゆう)さんとおっしゃるシンガーソングライターのものです。

今回は、間々田優(ままだ ゆう)さんについて調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

間々田優(ままだ ゆう)のwikiプロフィール・年齢・出身・所属事務所など

それでは、間々田優(ままだ ゆう)さんのプロフィールを紹介していきましょう。

間々田優(ままだ ゆう)のプロフィール

生年月日 : 1982年8月4日(37歳)

出身地  : 茨城県

職業 : シンガーソングライター

活動期間 : 2006年~

所属事務所 : ローズクリエイト

間々田優(ままだ ゆう)の経歴

間々田優さんが、音楽活動を始められるのは、茨城から上京し大学に入学され音楽サークルに入られてからです。最初はメタルとハードロックのコピーライブ三昧だったそうです。

大学卒業後の2006年からプロとしての活動を始められ、当初はライブハウスでのライブ活動を中心とした音楽活動でした。2007年には自主制作音源にて「3つ」を発売されます。同年にはテレビ朝日ミュージック所属となりインディーズアーティスト契約として活動をされます。

2010年に活動を休止し、2013年にライブ活動から再開されます。2015年には、テレビ朝日ミュージックを退社され現在はローズクリエイトに所属し精力的に活動をされています。

間々田優の楽曲

『3つ』(2007年発売)

間々田優 3つ STUDIO LIVE

『あかつき』(ミニアルバム『あたしを誰だと思ってるの』収録 2007年8月8日発売)

間々田 優 LIVE 「あかつき」 5月17日 渋谷 CLUB CRAWL

『狼』(アルバム『嘘と夢と何か』収録 2008年11月12日発売)

間々田 優 LIVE 「狼」 5月17日 渋谷 CLUB CRAWL

『カシスオレンジ』(アルバム『果実』 2014年12月31日発売)

間々田 優  「カシスオレンジ」

間々田優のSNS

間々田優さんは、Twitterを公開されています。

https://twitter.com/demodorimamada/status/1231228526335950850

スポンサーリンク

間々田優はアイドル?

間々田優さんをネット検索しますと「アイドル」というキーワードが関連ワードとして挙がります。経歴でも述べた通り間々田さんにアイドルであった形跡はありませんので不思議だったんですが、謎が解けました。

間々田さんの楽曲に『アイドル』があるのです。

間々田優 「アイドル」

そしてこの楽曲は、テレビ朝日で放映された「お願い!ランキング」2009年10月度エンディングテーマに選ばれているのです。このため名前とセットで検索されたものと思われます。

スポンサーリンク

間々田優の彼氏や結婚相手は?カップも調査!

間々田優さんの男性関係はどうなっているのでしょうか?

とりあえず結婚されたという情報はありませんでした。しかし、とあるインタビューで興味深い発言を見つけました。

間々田さんの楽曲には恋愛をテーマにしたものも多くあります。そもそもの題材は、間々田さんが体験したことなのかしら?

体験したことだったり、間接的に感じたことだったり……いろいろですが、すべて自分の中の引き出しに収まっていることです。叶わなかった思いや、日常生活では口に出せないことを歌にのせています。恋愛っていろんな感情を教えてくれるもの。自分の心の奥をのぞいたときに、恋愛に関する引き出しが多いのかもしれません(間々田さん談)

はやり恋愛ソングや失恋ソングが書けるという事は、それなりの恋愛遍歴は体験されているようです。37歳になられていますから当然ですね。

そして女性アーティストとなると男性が気になるのがバストのカップサイズです。筆者も男ですから検証してみました(笑)

この画像で検証してみると・・・いわゆる微乳かと思われます。サイズとしてはAもしくはBではないでしょうか?

勘違いが無いように言っておきますが、女性はバストサイスで決まるものではありません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「”感情突き刺し系”シンガーソングライター」こと間々田優さんを調査しました。

間々田優さんは、2020年2月26日に「平成32年2月26日平成最後のアルバム」と銘打って「平成後悔」をリリースされます。間々田さん渾身の楽曲が揃っていると思いますので是非チェックしてみて下さい。

今回もお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました