あいみょんは韓国で人気?K-POP好きで韓国語できる?韓国人説も!

あいみょん
スポンサーリンク

2018年の紅白歌合戦にも出場され10~20代の女性を中心に人気のあるシンガーソングライターのあいみょんさん、最近では日本だけではなく海外もそのファン層を広げられているようです。

今回は、あいみょんさんの韓国での人気や、自身の韓国好き・韓国人説について調査していきたいと思います。

 

 

 

あいみょんの実家住所は西宮?喜界島?卒アルや現在住んでる場所や収入も調査!
2018年の紅白歌合戦にも出場され10~20代の女性を中心に人気のあるシンガーソングライターのあいみょんさん、最近では女性だけではなく男性にもそのファン層を広げられているようです。 今回は、あいみょんさんの実家や卒業アルバム、現在住ん...
あいみょんにLDHのE-girlsオーディション落選の過去!本名や画像・合格メンバーは?
2018年の紅白歌合戦にも出場され10~20代の女性を中心に人気のあるシンガーソングライターのあいみょんさん、代表曲である「マリーゴールド」のYouTube動画は1億6000万再生という凄さです。 今回は、あいみょんさんの本名やオーデ...
あいみょんと菅田将暉がお似合い!呼び方やディズニー・尾崎世界観(クリープハイプ)との関係も!
2018年の紅白歌合戦にも出場され10~20代の女性を中心に人気のあるシンガーソングライターのあいみょんさん、自身の楽曲だけではなく他のアーティストにも楽曲を多く提供されています。 今回は、あいみょんさんが楽曲提供されている菅田将暉さ...
あいみょんは浜田省吾の娘?似てる!好きな曲「初恋」やツイッターとは?
2018年の紅白歌合戦にも出場され10~20代の女性を中心に人気のあるシンガーソングライターのあいみょんさん、最近では女性だけではなく男性のファンも増えていると言われています。 今回は、あいみょんさんの音楽ルーツについて調査していきた...
スポンサーリンク

あいみょんは韓国でも人気?

2019年に来日した韓国の大人気女性デュオ「赤頬思春期(BOL4)」このお二人は作詞・作曲、演奏までの全てを自ら行う実力派グループで韓国国内では、「音源女王」と言われ、また、韓国の若者からも絶大な人気を誇りお洒落なメイクやファッションで韓国の若者のファッションリーダー的存在です。

[MV] 赤頬思春期(BOL4) – 宇宙をあげる

このお二人が東京でのイベントでインタビューを受けた際「日本の好きなアーティストは?」の問いに「あいみょんが大好き」と答えられたのです。この発言は韓国の赤頬思春期ファンに衝撃を与えたと思われます。

実際問題、あいみょんさんは、韓国でのライブは行われていませんのでファンは潜在していると思われますが、もし韓国進出というようなことがあれば、その人気は即座に沸騰するのではないかと思われます。

また海外進出という事で言えばあいみょんさんは、2019年に台湾に進出されています。台湾といえば親日国という事もあり最初に進出しやすい国と言えるでしょう。ライブでは「アジアの歌姫」と呼ばれたテレサテンさんの曲も歌われ、確実に心をつかんだと思われます。台湾でのヒットチャートもJ-POP部門で1位を獲得されるなど人気は十分にあるでしょう。

スポンサーリンク

あいみょんはK-POP好きで韓国語できる?韓国人説も!

韓国繋がりでいうとネットではあいみょんさんがK-POP好きで韓国語がペラペラ、ひいては韓国人じゃないのか?という説が流れています。

証拠であるというツイートなどが示されているですが、筆者的には真偽不明という感じが拭えません。

また韓国語が喋れるという噂もなんの情報もないので真偽のほどは分かりません。

次に韓国人説ですが、出所は「あいみょん」の「みょん」が韓国っぽいというところから始まっているようです。まぁ日本では「みょん」という言葉は日本語ではあまり使いませんし。韓国ではソウルの繁華街である「明洞(みょんどん)」に代表されるようによく使われるのは間違いないです。

しかし他記事を見て頂ければわかりますように、あいみょんさんは兵庫県西宮市出身で本名は「森井愛実(もりい あいみ)」さんとおっしゃります。当然在日韓国人という事も考えられますが、噂が出ている掲示板を見ていると今時の嫌韓ブーム(?)に乗った悪意のある噂と見るのが妥当だと思われます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、あいみょんさんの韓国での人気や、自身の韓国好き・韓国人説について調査しました。

それにしても掲示板やSNSには、証拠の無い情報が溢れ、それが独り歩きする場合があります。筆者も改めて情報の取捨選択には気を付けていきたいと思います。

あいみょんさんもこのような意味のない噂は知る必要もありませんし、これからも頑張って欲しいものです。

今回もお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました