SUPERNOVAメンバーカラーは?超新星解散? 脱退メンバーや改名理由は?

SUPERNOVA
スポンサーリンク

韓国出身の5人組男性アイドルグループ『SUPERNOVA(スーパーノヴァ)』は、2018年から再始動しました。

SUPERNOVAのメンバーは、ユナク、ソンジェ、グァンス、ジヒョク、ゴニルで、全員が身長180cm以上というスタイルのダンスボーカルグループです。

そんなSUPERNOVAについて調べました。メンバーカラーは?超新星解散? 脱退メンバーや改名理由は?などご紹介します。

 

スポンサーリンク

SUPERNOVAのメンバーカラーは?

SUPERNOVAの公式なグループカラーは、パールホワイトです。メンバーカラーは公式には決まっておらず、そのグッズや衣装などで変更があるようです。

しかし、ファンとしては、メンバーカラーが知りたいところですよね。

オフィシャルグッズ

「2019 LIVE TOUR「SUPERNOVA-02」~THE COLOR~」のオフィシャルグッズを見ると下記の通りのメンバーカラーとなっています。

ユナク(レッド)

 

ソンジュ(グリーン)
グァンス(ブルー)
ジヒョク(ピンク)

 

ゴニル(バイオレット)

記念イベントの衣装

2019年5月に2ndシングル「BANG★」をリリースした記念イベントでは、下記のような衣装を着用していました。イベント中のMCは、「何を担当しているか?」と聞かれて、ソンジェが「赤を担当している」とコメント。ユナクは「僕はマスタードを担当・・・」と言っていました。

ちなみに、このイベントでの衣装は、ユナクがマスタード、ソンジュがレッド、グァンスがパープル、ジヒョクがピンク、ゴニルがブルーでした。

スポンサーリンク

超新星解散?改名理由は?

「SUPERNOVA」は、2018年8月に、超新星から改名しました。

超新星は、2007年に韓国でデビューし、2009年に日本デビューを果たした男性6人組アイドルグループで、2018年5月に、所属事務所との契約が満了しました。

そこで、メンバーは自分達の事務所を立ち上げ、「SUPERNOVA」に改名し活動し続けました。この改名ですが、事務所が変ったことで、「超新星」という名称が使用できなくなり、英語の「SUPERNOVA」にしたそうです。

メンバーは、2011年から順次、兵役に就いて、2018年4月にやっとメンバー全員が除隊しましたが、その2ヵ月後の出来事だったため、メンバーにもファンにも衝撃的だったと思われます。

スポンサーリンク

脱退メンバーは?

脱退メンバーは、ソンモです。

超新星が所属していた事務所との契約が、2018年5月末で満了したメンバーは、超新星の全員のメンバーではなく、現・SUPERNOVAのメンバー5人だけでした。

メンバーは、超新星で韓国デビューする3年前から、歌やダンス、演技のレッスンをしていて、メンバーのソンモだけは、韓国デビューの半年前から加入していました。

そのため、超新星の事務所との契約が、他のメンバーより半年ほど長く、2018年5月末時点で契約がまだ残っていたためSUPERNOVAには加入しませんでした。

2018年8月末でソンモが、超新星の事務所と契約満了となり、ファンはSUPERNOVAへの合流を期待していました。しかし、ソンモは、2018年10月に、ソロプロジェクトの道を選び、SUPERNOVAへの合流はしませんでした。

理由は、話し合いの結果、時期的な問題などの調整が解決できなかったためとしています。

ソンモは、2019年2月に3rdアルバム「セレナーデ」をリリースし、その収録曲「モナリザ」が、MBS・TBS系バラエティ番組「プレバト!!」の2019年2月・3月度エンディングテーマに起用されました。

ソンモ新曲「モナリザ」MV short ver.
スポンサーリンク

まとめ

SUPERNOVAについて調べました。SUPERNOVAのメンバーカラーについて、超新星について、脱退メンバーや改名理由についてご紹介しました。

事務所との契約満了という出来事により、グループ名が改名されたり、メンバーが減ってしまったりしていますが、SUPERNOVAとして精力的に活動していますので、みんなで応援したいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました