GACKT(ガクト)のスッピン画像や本名の漢字とカタカナ・読み方は?改名理由も調査!

GACKT(ガクト)
スポンサーリンク

今年で47歳となるGACKT(ガクト)さんは、年齢を感じさせないほど、綺麗な男性ですね。そんなGACKTさんの気になるスッピン画像を探してみました。

本名の漢字とカタカナ、読み方など、また改名の理由についても調べましたので、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

GACKT(ガクト)のスッピン画像

いつも綺麗なGACKTさんは、テレビに出演する時や、ライブでは、化粧をしているのでしょうか。スッピン画像を探して比べてみたいと思います。

これは、2020年の元旦に放送された「芸能人格付けチェック!2020お正月SP」に、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんと共に番宣した画像です。

テレビ出演の際には、ドーランを塗っていると思います。鬼龍院翔さんは目元も化粧していますが、GACKTさんは、サングラスで目元が見えにくいですね。

GACKTさんは、視力が2.0もあるのですが、目に障害があり、太陽の光が強すぎると周りが見えにくくなり、テレビや舞台など、照明が重なると、ほぼ何も見えない状態になるそうで、サングラスやカラコンを付けるそうです。

スッピン画像・その1

度々、自身のインスタにスッピン写真と思われる画像を投稿しているGACKTさん。この写真もドーランをつけていないスッピン写真と思われます。カラコンが入っているように見えるのでスッピンって感じがしませんね。

スッピン画像・その2

こちらの画像は、カラコンを入れていなそうなので、スッピンっぽいですね。今より若い頃のように見えます。

スッピン画像・その3

こちらは、2015年の画像です。髪型をセットしていないせいか、いつものGACKTさんではないですね。カラコンが入っていないようでスッピンっぽい画像です。

スポンサーリンク

髭と歯

GACKTさんは、毎朝、髭を剃るのが嫌だと言うことで永久脱毛したことを公表しています。

以前は、綺麗な顔立ちに青い髭後がありました。

GACKTさんは、ヴィジュアル系ロックバンド・マリスミゼルのボーカルとして活躍していましたが1999年に脱退しています。その後、GACKTさんはインプラントしたことを認めているようです。

GACKTさんのトレードマークのような”白い歯”はインプラントだったんですね。

スポンサーリンク

本名の漢字とカタカナ・読み方は?

GACKTさんは、芸名です。旧芸名は、読み方は同じで、Gacktでした。他にも別名を神威楽斗(かむい がくと)としています。

そんなGACKTさんは、2017年12月に本名を公表しています。公表した本名は、「大城ガクト」です。この公表には、多くの人が驚いたそうです。

GACKTさんは、プライベートを公表してこなかったことで噂が多くあり、中学生の頃の情報によると、名前は「岡部学(おかべ さとる)」、両親が離婚し「大城学」となったと言われていました。しかも、大城学は、「おおしろ がく」と読むという情報まで広まっていました。

スポンサーリンク

改名理由は?

GACKTさんの本名が公表されたのは、2017年に12月に、仮想通貨の事業に参加していることを表明する際に、責任を持ってやり通したいという想いから、本名で表に出ることを決意したためでした。

しかし、噂されていた「学」と本名が違うことや、「ガクト」という名前が本名だという違和感(?)から改名したのではと囁かれています。

GACKTさんは、改名したとは言っていないので、改名理由も語っていません。

両親の離婚した後の名前「大城 学」の読みを「おおしろ がく」と読んでいるファンがいることから「がくと」に変更したのかもしれないですね。

改名の手続きは、15歳以上なら自分でできるそうです。しかも、読み方だけ変更の場合は手続きが不要の場合もあるそうです。

スポンサーリンク

まとめ

GACKT(ガクト)さんについて調べました。GACKTさんのスッピン画像や本名の漢字とカタカナ・読み方は?改名理由も調査しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました