河内REDSの読み方や意味・由来は?メジャーデビュー日や結成日・おすすめの人気曲も!

河内REDS
スポンサーリンク

河内REDSは4人組のバンドで、感情をむき出しにしたライブパフォーマンスが話題になっています。

河内REDSのグループ名は何か由来や意味があって、付けられたのでしょうか?

またいつ河内REDSはデビューしたのでしょうか?

河内REDSのグループ名の読み方やデビューまでの道のりなどを紹介します。

 

スポンサーリンク

河内REDSの読み方と名前の由来は?

河内REDSは(かわちレッズ)と読みます。

グループ名の由来は明らかにされていません。

大阪東大阪市に河内町という街があるので、何かしら関係している
かもしれませんね。

スポンサーリンク

河内REDSの経歴

2011年にサクラマサチカさんが中心となり、大阪で結成されました。

メンバーの入れ替えが何度かあり、現メンバー4人で本格的に活動していくのは、
2014年からになります。

当時はライブ中にドラムを破壊したり、過激な歌詞を盛り込んだりしていました。

今よりもかなり尖った、過激なパフォーマンスをしていたようです。

根底には人に曲や自分たちの音楽を認めてほしいとの
願いから、少しでも人の記憶に残るように考えられた
パフォーマンスだったようです。

ただ結果が出ない日々が続き、一時は解散も考えていました。

転機が訪れたのは2017年のeo Music TRY”でファイナリストに残ったことです。

素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたグループと評されていました。

“eo Music TRY”は観客の投票制で決めていくそうです。

グランプリなどの賞は受賞できませんでしたが、最終的には
河内REDSの曲が1位に選ばれました

お客さんにとっては印象的なグループとして記憶されていたのでしょうね。

過去に“eo Music TRY”では、ヤバイTシャツ屋さんやKANA-BOON、
感覚ピエロなどが賞を受賞しています。

これで自信を得た河内REDSは、2018年にMBSの『関西発! 才能発掘TV マンモスター+』というオーディションに応募します。

約970組のバンドが応募したのですが、河内REDSは優勝します

そして勢いそのままに、2019年8月28日にデビュー曲「東京ガール」で、
メジャーデビューを果たします。

東京ガールはNMB48の村瀬紗英さんがMVのモデルに
起用されて、話題になりました。

当時好きだった女性が地元に戻ってきていて、片想いしていた時の
心情を歌っています。

青春時代の懐かしい気持ちを思い出させてくれる歌です。

河内REDS 「東京ガール」MUSIC VIDEO

2020年には「時計じかけのオレたち」という題名で、
初の全国ツアーを実施します。

スポンサーリンク

河内REDSのおすすめ曲は?

河内REDSのおすすめの曲を3曲紹介します。

オリオン座

冬の帰り道に星を見ながら、好きだった人との思い出を振り返っています。

寒い日に1人で過ごしている寂しさを感じる切なさがありながらも、
タダミさんの声とメロディーがどこか明るさを与えてくれています。

MVモデルで出てきている太田夢莉さんの表情もキュートです。

河内REDS 「オリオン座」 MUSIC VIDEO

時計仕掛けのオレたち

ロック曲調で満たされない思い、世の中への不満などメッセージ性の強い
曲に仕上がっています。

河内REDS「時計じかけのオレたち」MUSIC VIDEO

おとこはみんなちょっとだけホモ

日常の何気ないシーンを明るい口調で歌っています。

警察に演奏を止められてしまうのも微笑ましかったです。

河内REDS「男はみんなちょっとだけホモ」Music Video
スポンサーリンク

まとめ

河内REDS(かわちレッズ)は2011年に結成し、2014年から現在のメンバー体制と
なっています。

2017年の“eo Music TRY”が転機となり、2019年8月28日にデビュー曲「東京ガール」でメジャーデビューを果たしています。

今年は初の全国ツアーも控えており、河内REDSの
今後の活躍が楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました