松任谷由実は子供は産んでる?旦那さんは再婚?実家の呉服屋や生い立ち・ 学歴・身長も調査!

松任谷正隆
スポンサーリンク

2020年3月25日(水)19時から日本テレビ系にて音楽の祭典「Premium Music 2020」が4時間特番として放送されます。その中で「松任谷由実SPドラマ」と銘打って松任谷由実さんのシンガーソングライターとしての転機をドラマ化されます。

 

 

今回は、松任谷由実(まつとうや ゆみ)さんのwikiプロフィール・経歴・結婚や子供・学歴・ 身長等を調査していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

松任谷由実(まつとうや ゆみ)のwikiプロフィール・経歴

それでは、松任谷由実(まつとうや ゆみ)さんのプロフィールを紹介していきましょう。

松任谷由実(まつとうや ゆみ)のプロフィール

旧姓 : 荒井由実(あらい ゆみ)

生年月日 : 1954年1月19日(66歳)

出身地  : 東京都八王子市

身長 : 164cm

血液型 : O型

職業 : シンガーソングライター・作詞家・作曲家

活動期間 : 1971年~

所属事務所 : 雲母社

松任谷由実(まつとうや ゆみ)の経歴

松任谷由実(旧姓 荒井)さんは、1971年に17歳で元ザ・タイガース加橋かつみさんの「愛は突然に…」で作曲家としてデビューされています。またこの楽曲「愛は突然に…」は、14歳の時に作曲されていたというのですから驚きです。

1972年には、かまやつひろしさんがプロデュースしたシングル「返事はいらない」で荒井由実としてデビューされます。

翌1973年には、ファーストアルバム「ひこうき雲」を発売されます。1975年にはシングル「あの日にかえりたい」にて初のオリコンチャート1位を獲得されます。

1975年12月にアレンジャー・松任谷正隆さんと婚約、1976年11月29日に横浜山手教会にて結婚されます。

結婚後は、引退をし専業主婦になる予定でしたが、そうはなり切れず結婚後の戸籍名である松任谷由実として音楽活動を続行することを決意されます。

ここからは、数々の名曲を世に送り出されると共に太田裕美さん・郷ひろみさん・ブレッド&バター・松田聖子さん・小林麻美さん・原田知世さんなど多くのアーティストに楽曲を提供されています。

また松任谷由実さんのライブでの「魅せる」ステージはコンサートの枠を超えた新たな一大エンターテイメントになっており、その片鱗は1979年から始まっています。また苗場などのリゾート地でコンサートのスタイルも確立されています。

スポンサーリンク

松任谷由実は子供は産んでる?旦那さんは再婚?

経歴でも述べましたが、松任谷由実さんは1976年に松任谷正隆さんと結婚されています。お互い初婚ですから旦那さんである松任谷正隆さんが再婚という事はありません。

この結婚をされる際のユーミンから条件が「子供を作らない」と言われています。これは、音楽活動が思うようにできなくなるという理由だそうです。実際にお二人にはお子さんはおられません。個人の考えですから何とも言えないのですが、ユーミンの子供ならすばらしい才能を持っているのかもしれないのにと残念な気持ちもあります。

 

スポンサーリンク

松任谷由実の実家は?生い立ち・学歴は?

松任谷由実(新井由実)さんは、東京都八王子市で1912年から続く、老舗の呉服店・荒井呉服店で、三男二女の第四子(二女)として生を受けます。現在、荒井呉服店はユーミンの姪である荒井哉子さんが社長をされています。

小さい頃から音楽が身近にあったようで、6歳からピアノ、11歳から三味線、14歳からベースを始められています。

中学時代にはカツラを購入し、寝ているように家族には見せかけ内緒で当時国内外の文化人が集まるサロン的存在であったイタリアンレストラン「キャンティ」に出入りしており、またフィンガーズと言うバンドの追っかけもしていたそうです。この「キャンティ」に集まっていた仲間からアルファレコードが生まれ、デビューのきっかけとなっています。

高校は、立教女学院高等学校に通われ、同時に芸術大学・美術大学、美術高校受験予備校である御茶の水美術学院にも通われていました。

大学は、多摩美術大学美術学部絵画学科日本画専攻で当初は染色の専攻を志していましたが、最終的に音楽の道に進まれます。

スポンサーリンク

まとめ

松任谷由実さんのwikiプロフィール・経歴・結婚や子供・学歴・ 身長等を調査しました。

松任谷由実さんの経歴や生い立ちを調べているとこの人は音楽をしスターになるべく生まれてきた人なんだなと思います。これからも人々を感動させてくれる作品を作り出してくれることでしょう。

今回もお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました