田島貴男の実家と父親や母親や兄弟と身長や高校大学の学歴など経歴まとめ

ORIGINAL LOVE
スポンサーリンク

1993年のドラマ「大人のキス」の主題歌に採用された「接吻」が初めてヒットしたORIGINAL LOVE(オリジナル・ラブ)のボーカルである田島貴男(たじま たかお)さん。

 

今回は、田島貴男(たじま たかお)さんの基本プロフィールや実家や家族・学歴などを調査していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

田島貴男(たじま たかお)のwikiプロフィール・年齢・身長・血液型・出身など

それでは、田島貴男(たじま たかお)さんのプロフィールを紹介していきましょう。

田島貴男(たじま たかお)のプロフィール

生年月日 : 1966年4月24日(53歳)

出身地  : 東京都大田区

身長 : 184cm

血液型 : B型

職業 : ミュージシャン・作詞家・作曲家・音楽プロデューサー

担当 : ボーカル・ギター・ピアノ・サックス・トランペット

活動期間 : 1979年~

別名 : 歌う発酵食品

所属事務所 : WONDERFUL WORLD

田島貴男(たじま たかお)の経歴

田島貴男さんは、中学生時代から作曲を開始されます。1982年にはヤマハポピュラーソングコンテスト東北地区本選大に福島県代表として出場されています。

大学に入学後、前身バンドを結成され、1986年にORIGINAL LOVE(オリジナル・ラブ)に移行されます。その後、ピチカート・ファイヴの小西康陽さんと知り会い、1988年にはオリジナル・ラヴの活動を平行して続けられることを条件に、ピチカート・ファイヴの2代目ボーカルとして加入されます。(1990年にオリジナル・ラヴの活動に専念する為に離席)

その後オリジナル・ラヴは、田島さん以外のメンバーの離籍・加入を繰り返しながら「接吻」「朝日のあたる道」「プライマル」などの代表曲を生み出していきます。

1995年8月以降は田島さん以外の全メンバーが離籍をし、オリジナル・ラヴは田島のソロユニットとなります。

田島さんは、自身の音楽活動以外にもV6・Crystal Kay・及川光博さん・藤井隆さん・SMAP・鈴木雅之さん・スキマスイッチなどにも楽曲を提供、プロデュースをされています。

スポンサーリンク

田島貴男の実家と父親や母親や兄弟は?

田島貴男さんは、プロフィールでも述べている通り東京都大田区で生まれられていますが、父親の仕事の関係で神奈川県横浜市金沢区、兵庫県芦屋市、福島県郡山市と引っ越しをされています。田島さんの父親は会社重役と言う情報があるのですが、筆者の考えでは重役ならこんなに転勤はないだろうというもので、正確に言うなら転勤を繰り返したのち重役さんに出世されたのではないかと考えます。

他の家族についても調べてみたのですが、情報がありませんでした。

スポンサーリンク

田島貴男の学歴まとめ!

田島貴男さんの分かっている学歴を紹介していきます。

出身小学校 : 芦屋市立朝日ヶ丘小学校

出身中学校 : 芦屋市立山手中学校

出身高校  : 福島県立郡山高等学校(偏差値63)

出身大学  : 和光大学(偏差値35~40)

こうしてみていますと、父親の転勤もあって兵庫県の小中学校、福島県の高校となっています。高校の偏差値のわりに入学した大学の偏差値が低いという事は、高校時代から音楽に熱中されていたことが推測されます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、田島貴男さんの基本プロフィールや実家や家族・学歴などを調査しました。

今回の記事で不思議だなぁと思うのは、「なぜオリジナル・ラブは1人ユニットになったのか?」ということです。通常バンドが音楽性の違いから解散するとなるとバンド名はお蔵入りとなりメンバーはソロで活動していくのですが、オリジナル・ラブの場合は、田島さん一人になっても名称を使う事に「オリジナル・ラブ」という名称への愛着が伺えます。

今回もお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました