藤井風の読み方や本名・整形やハーフの噂・彼女や実家の喫茶店の場所も調査!

藤井風
スポンサーリンク

世の中は、スマホが当たり前の時代になり通信速度も4Gから5Gに進化しようとしています。音楽配信も進化を続けていますが、2006年にスウェーデンで創業し2016年から日本でもサービスを開始した「Spotify」もそんな音楽配信サービスの一つです。

その「Spotify」が2017年から選出している「Early Noise」、これはその年に注目する次世代アーティストを年初に発表するものですが、その「Early Noise 2020」に藤井風(ふじい かぜ)さんというミュージシャンが10組の中の1人として選出されています。

今回は、藤井風(ふじい かぜ)さんのwikiプロフィール・経歴・本名・整形やハーフの噂・彼女や実家の喫茶店の場所などを調査していきたいと思います。

藤井 風(Fujii Kaze) – "優しさ"(YASASHISA) Official Video

 

 

スポンサーリンク

藤井風(ふじい かぜ)のwikiプロフィール・経歴

まずは、藤井風(ふじい かぜ)さんのプロフィールを紹介していきましょう。

藤井風(ふじい かぜ)のプロフィール

生年月日 : 1997年6月14日(22歳)

出身地  : 岡山県里庄町

身長 : 181cm

血液型 : B型

職業 : ミュージシャン

活動期間 : 2010年~

レーベル : HEHN RECORDS / UNIVERSAL SIGMA

藤井風(ふじい かぜ)の経歴

藤井風さんは、3歳の頃より楽器を弾けない父にピアノやサックスを教えてもらい、小学生の終わりに言われた父親からの一言「これからはYouTubeの時代」で、実家の喫茶店で撮影したピアノカヴァー動画をYouTubeにアップした事が、後に音楽の世界へ飛び込むきっかけとなります。

高校は音楽科のある学校に通われ、音楽漬けの日々を送っておられましたが動画投稿は休止されていました。しかし高校卒業後はカヴァー動画投稿を再開され総再生回数は3000万回を超える大きな反響を得ます。

2019年春には活動拠点を岡山から東京に移され、11月にはデビューシングル「何なんw」を発売されます。

藤井風(Fujii Kaze) – “何なんw ”(Nan-Nan) Official Video

2020年には冒頭紹介したように音楽配信サービス「Spotify」が選ぶネクストブレイクアーティスト10組「Early Noise 2020」に選出されています。

スポンサーリンク

藤井風の読み方や本名は?

プロフィールでも紹介した通り「藤井風」は「ふじい かぜ」と読みます。

まるで芸能人になるためのような名前つまり芸名のようですが、調べてみると本名なんだそうです。ご両親が粋な方だったんでしょうね。

スポンサーリンク

藤井風の整形やハーフの噂、真偽は?

日本人離れした容貌をお持ちの藤井風さん、そうなるとやはり挙がるのが「整形なのでは?」「ハーフなんじゃない?」という噂です。

まずは整形疑惑を調査してみましょう。藤井風の若い頃の写真を探していますと本人のTwitterアカウントにこのようなツイートがありました。

「なつかし」のコメントから藤井風さんの若い頃の写真だと思われます。これを見る限り髪型の変化でイメージはがらっと変わられていますが、整形をされていることはないですね。ということでこの噂はデマでした(笑)

次に「ハーフ疑惑?」ですが、これも藤井さん自身のツイートをご覧ください。

写真を見ると両親とも日本人であることがわかります。ということで「ハーフ疑惑?」もデマでした(笑)

スポンサーリンク

藤井風の実家の喫茶店の場所は?

経歴でも少し触れましたが藤井風さんの実家は喫茶店を経営されています。店名は「喫茶未茶夢(ミッチャム)」で岡山県里庄町にあります。

食べログにも登録されていますがまだ星はついていないようです。お近くで興味のある方は訪れてみるのもいいかもしれません。

喫茶未茶夢の食べログページはこちらから

スポンサーリンク

藤井風に彼女はいる?

ワイルドでイケメンな容貌、素敵な楽曲、モテる要素を色々お持ちの藤井風さん。

女性関係はどうかと調べてみましたが、彼女がいるなどの情報はありませんでした。SNSに登場する友人は男ばかりです(笑)

いずれ彼女もできるんでしょうが、週刊誌等にバレないように祈っています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、藤井風さんのwikiプロフィール・経歴・本名・整形やハーフの噂・彼女や実家の喫茶店の場所などを調査しました。

藤井風さんは、紹介した通り2020年期待の新人アーティストです。騙されたと思って一度楽曲を聞いてみて下さい。世界が変わるかもしれません(笑)

今回もお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました