藤井尚之の嫁はネイリストで子供はカリタス?若い頃やサックスの腕前がヤバい!

F-BLOOD
スポンサーリンク

藤井尚之(ふじい なおゆき)さんと言えば、1980~90年代はチェッカーズのサックスプレイヤーとして、チェッカーズ解散後は、ソロ活動を行い、最近では兄の藤井フミヤさんとのユニット・F-BLOODとしても活躍されています。

今回は、藤井尚之(ふじい なおゆき)さんの奥さんや子供、若い頃やサックスの腕前について調査していきたいと思います。

 

チェッカーズライブ動画フルを無料で見る方法!初期の貴重な映像も!
1980年代から1990年代前半にかけて大人気となったポップスバンド『チェッカーズ』は、1992年12月31日のNHK紅白歌合戦の出場を最後に解散しました。 チェッカーズは、”アイドル”としながらも、自分達のライブの鑑賞マナー...
F-BLOODとは?メンバープロフィールや旅サラダテーマソングなど代表曲も!
過去、兄弟(姉妹)による音楽ユニットやグループは沢山ありました。昔で言うと「ザ・ピーナッツ」「ピンカラ兄弟」「狩人」、最近で言うと「吉田兄弟」「明和電機」などがあります。 今回取り上げる「F-BLOOD(エフ-ブラッド)」もそんな兄弟...
藤井フミヤ嫁さんの画像!若い頃がイケメン!メガネのブランドはテンダーロイン?
藤井フミヤさんと言えば、1980~90年代はチェッカーズのリードボーカルとして、チェッカーズ解散後は、ソロ活動にて「TRUE LOVE」などの大ヒットを飛ばし、最近では弟の藤井尚之さんとのユニット・F-BLOODとしても活躍されています。 ...
チェッカーズメンバーの現在と名前は?クロベエ死去原因や解散理由と確執がヤバい!
チェッカーズといえば、1980年に福岡県久留米市にて結成され、1990年代前半にかけて一世を風靡した7人からなるポップスバンドです。当時はその楽曲はもちろんファッションも注目されました。 今回は、1992年に解散したチェッカー...

 

スポンサーリンク

藤井尚之の嫁はネイリストで子供はカリタス?

藤井尚之さんは、2005年1月に12歳年下の一般人女性と結婚されています。ハワイで挙式を挙げたようですが、お相手は一般人という事で名前を公表されていません。また職業も普通のOLやネイリストという噂はありますが本当のところは分かりません。

お二人の馴れ初めですが、共通の友人を介した飲み会で知り合い、藤井尚之さんが一目惚れをし猛アタックの末付き合うようになったそうです。

またお二人には、2010年6月24日に第一子(女の子)が誕生されています。現在9歳ですね。このお子さんは、神奈川県川崎市にあるカリタス学園に通っているという噂がありますが、目撃情報などは無く真偽は不明です。しかし幼稚園から高校まである私立校に通わせるのは親としても安心だと思います。

スポンサーリンク

藤井尚之の若い頃がイケメン?

藤井尚之さんは若い頃つまりチェッカーズ在籍の頃は、チェッカーズがアイドル扱いされていたことやオリジナルシングルを出せない苛立ちから、無精髭をたくわえ、更には髪を肩まで伸ばしていたこともあったようです。流石に髭を生やした写真は見つかりませんでしたが長髪だった頃の藤井尚之さんがこちらです。

なかなかのイケメンですね。本人は長髪にしたものの髪を切りたかったようですが、兄であるフミヤさんがチェッカーズとしてのファッションと髪型には妥協を一切許さない主義だったようで、「髪を切るな」と言われ切れなかったようです。結局髪を切ったのは、チェッカーズ解散直前の1991年末だったそうです。

スポンサーリンク

藤井尚之サックスの腕前は?

藤井尚之さんは、チェッカーズ結成直後はベースを担当していましたが、大土井裕二さんの加入により、サックスに転向されます。サックスの腕前に関してはこのような話があります。

最近筋肉体操でブレイク中の武田真治さんはサックスプレイヤーでもありますが、サックスを始めた理由がチェッカーズ時代の藤井尚之さんのサックスプレイを目にし感銘を受けたことだそうです。

筆者にはサックスの腕前の良しあしは分かりませんが、このことからも分かる通り藤井尚之さんのサックスプレイが一人の人の心を動かしサックスプレイヤーになりたいと思わせ実際になったのですからすごいことだと思います。

なお藤井尚之さんのサックスに酔いしれるには、2019年3月に2年ぶりに発売したインストゥルメンタルアルバム「Dark & Light」を聞かれるのが良いと思います。

藤井尚之『Dark & Light』
スポンサーリンク

まとめ

今回は、藤井尚之さんの奥さんや子供、若い頃やサックスの腕前について調査しました。

ある掲示板で、「藤井尚之は藤井フミヤの弟でなかったらこんなに有名になっただろうか?」と言うものがありました。答えは「分かる訳ない」なのですが、筆者としては今の活躍を見ているとサックス奏者として一定の評価は得ていたのではないかと思います。

今回もお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました