LOVE PSYCHEDELICOの意味由来と読み方やメンバー名前と本名・画像プロフィール!

LOVE PSYCHEDELICO
スポンサーリンク

『LOVE PSYCHEDELICO』は、2000年にデビューし、今年で20周年を迎える音楽ユニットです。デビュー当時からメディアにはあまり出ず、ライブ活動を中心に行ってきたLOVE PSYCHEDELICOですが、映画やテレビドラマの主題歌やCMとのタイアップなどで人気を集めています。

錦織選手出演2020年TVCM「さあ、未來へ」篇 15秒

そんなLOVE PSYCHEDELICOの意味由来と読み方や、メンバーの名前、本名、画像などプロフィールをご紹介します。

 

スポンサーリンク

LOVE PSYCHEDELICOの意味由来と読み方

本来のバンド名は「LOVE PSYCHEDELIC ORCHESTRA(ラブ・サイケデリック・オーケストラ)」だったのですが、長すぎるという理由から、ORCHESTRAの頭文字「O」を取ってPSYCHEDELICの後ろにつけ、LOVE PSYCHEDELICO(ラブ・サイケデリコ)としました。

スポンサーリンク

LOVE PSYCHEDELICOのメンバー

LOVE PSYCHEDELICOのメンバーは、KUMIとNAOKIの2人です。

KUMI(ボーカル・ギター他)

名前:KUMI(くみ)
本名:非公開
年齢:1976年4月11日生まれ 現在44歳
出身地:千葉県
出身校:青山学院大学

帰国子女で2歳から7歳までサンフランシスコに住んでいたこともあり、ネイティブな英語を話せます。青山学院大学に入学してから70年代の音楽を好んで聴き、ボブ・ディランのミスター・タンブリン・マン のギターを弾きながら歌うスタイルに魅力を感じギターを弾き始めます。

Mr. Tambourine Man (Live at the Newport Folk Festival. 1964)

 

 

NAOKI(ギター・ベース他)

名前:NAOKI(ナオキ)
本名:佐藤直樹(さとう なおき)
年齢:1973年7月21日生まれ 現在46歳
出身地:静岡県
出身校:青山学院大学

 

 

スポンサーリンク

エピソード

バンド結成~デビュー

1997年、青山学院大学の音楽サークルにて結成しました。元々は、NAOKIがKUMIに声を掛けて結成し、数名いましたが、最終的に現在のデュオとなります。

1999年に、FM局に楽曲を応募し、放送後に問い合せが殺到します。その音源が音楽関係者の目に止まり、多くのレコード会社から声が掛かりました。

2000年にシングル「LADY MADONNA 〜憂鬱なるスパイダー〜」でデビューし、2ndシングル「Your Song」が、セイコー「LUKIA」CMソングに起用され知名度が上がり、3rdシングル「Last Smile」がさらにヒットとなります。

「Last Smile」は、NAOKIが学生時代に作った楽曲で、当時、暗い楽曲でピンこなかったので途中で止めようとしたところKUMIが気に入っているということで作り上げた楽曲とのこと。

[PV] LOVE PSYCHEDELICO – Last Smile

櫻井翔との関係

2015年にMステに出演した際、嵐の櫻井翔さんとNAOKIが、「たまたま、偶然に顔を合わせる不思議な縁がある」と証言しました。

その縁とは、NAOKIがバーでカウンターに座っていると、たまたま隣の席に櫻井翔さんが座っていたり、NAOKIが空港で荷物を入れていたら、後ろに櫻井翔さんが並んでいたり、「店に予約して個室に入ったら隣の個室が櫻井翔さんだったりなどあり、仲が良いようです。

キムタクとの関係

LOVE PSYCHEDELICOは木村拓哉さんとも親交があるようで、2019年にリリースした木村拓哉さんのアルバムにも楽曲提供しています。

他にも、木村拓哉さんのラジオ番組にも出演したり、GyaO!番組「木村さ~~ん」にもゲスト出演し、KUMIがライブで履くブーツを買うため木村拓哉さんのなじみのカスタムブーツ専門店に行く姿を放送しました。

https://twitter.com/dgravity28/status/1089659767490994176

 

スポンサーリンク

まとめ

LOVE PSYCHEDELICOの意味由来と読み方やメンバーの名前と本名、画像などプロフィールやエピソードをご紹介しました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました