キンプリ神宮寺勇太は空手で全国2位の実力!一人っ子で国民的彼氏!

King & Prince
スポンサーリンク

人気アイドルグループ・キンプリの神宮寺勇太さんは、2020年4月にバラエティー番組で単独初MCを務め、その天然発言にも注目が集まりました。

そんな神宮寺勇太さんについて調査しました。神宮寺勇太さんは空手で全国2位の実力があることや、一人っ子や国民的彼氏と呼ばれていることなどご紹介します。

スポンサーリンク

空手で全国2位の実力!

2018年5月に放送された「CDTV ARTIST FILE」で、メンバーの特技を調査する企画で、神宮寺勇太さんは、特技である空手を披露しました。

https://twitter.com/hokub___rmpg/status/995343629257396224
そんな神宮寺勇太さんは、小2から中2でジャニーズに入所するまで空手をしていて、初段で黒帯を所持していて、中学生の頃は、全国総合空手道全日本選手権で2位になった実力を持っています。

上記の動画では、”得意の蹴り”を披露しています。足が高く上がり、何と言っても「押忍」のやり方が自然!さらに板割も披露しています。真剣な眼差しが武道家っぽい!空手を始めるキッカケを与えたのは、神宮寺勇太さんの祖父の影響によるもので、祖父は有段者でとても強かったそうです。

ジャニーズ事務所に送る履歴書を買ってくれたのも祖父。神宮寺勇太さんは、ギターを弾く木村拓哉さんに憧れてギターを弾いて、ジャニーズに興味があったけれど、なかなか行動に移せなかったそうです。そして、オーディションを受け、2010年10月の自身の誕生日に入所しました。当時13歳でした。

スポンサーリンク

神宮寺勇太は一人っ子

キンプリのメンバーの兄弟は、平野紫耀さんには弟がいて、岸優太さんには兄と妹が、永瀬廉さんには弟が、髙橋海人さんは姉がいるそうですが、神宮寺勇太さんは、一人っ子。

神宮寺勇太さんは、高校生の頃に飼い始めたという小型犬のマルチーズ「姫ちゃん」を妹のように可愛がっているそうです。そんな姫ちゃんは、2015年の雑誌「ポポロ」の表紙に登場しました。

現在、休養中のメンバーである岩橋玄樹さんにもなついていて、ツイッター画像左上では、岩橋玄樹さんの腕の中に姫ちゃんがいるのが分りますね。雑誌内では、メンバーが一列になって、姫ちゃんに”おいでおいで”をして、誰のところに来るかという企画を実行。そりゃもちろん、姫ちゃんは、神宮寺さんのところに来ています。

この時は、2015年6月に結成された”Mr.Prince”のメンバー(神宮寺勇太、岸優太、岩橋玄樹)と、現在”7ORDER”で活動している阿部顕嵐さんと、”Travis Japan”のリーダーの宮近海斗さんと、姫ちゃんが表紙を飾っています。

神宮寺勇太さんの実家は千葉県。少し前までは、実家暮らしだったようで、番組内で電車通勤の辛さや、特急のプラス料金など、千葉の実家に住んでいることがバレバレのトークを繰り広げていました。実家に帰って、姫ちゃんに癒やされていたのでしょうね。
スポンサーリンク

国民的彼氏と呼ばれる

入所後、同期の1年年上で同じ誕生日の佐藤勝利さんなど大人数のユニット「ジャPAニーズHi!School!」で活動し始めますが、佐藤勝利さんは1年後、Sexy Zoneに選ばれる中、神宮寺さんは、2014年にSexy Zoneの弟分ユニット「Sexy Boyz」のメンバーに選ばれました

Sexy Boyzは、2012年から結成されイベントなどに出演していましたが、2014年に神宮寺勇太さん、岩橋玄樹さん、現・Sexy Zoneのマリウス葉さんで再結成されました。

そんな神宮寺勇太さんは、ジュニア時代「チャラ宮寺」と呼ばれるヤンチャぶりだったようです。(本当はビジネスだったのでは?とも言われているようですが。)

しかし、2013年頃から様々なイベントへ出るようになり、チームのリーダーになったりと、メンバーをまとめる役などをこなし始めると「国民的彼氏」と呼ばれるような行動が現われます。

2013年には、岩橋玄樹さんも「Sexy Boyz」に選ばれ、2人は”じぐいわ”と仲良しコンビとなりました。そんな中、神宮寺勇太さんは、アニキのように、時には父のように、10代とは思えぬ包容力を見せつけます。それは、岩橋玄樹さんや、ジュニアのメンバーたちにだけでなく、ファンへの紳士的な対応、さらに仕草などから「国民的彼氏」と呼ばれるようになりました。

スポンサーリンク

まとめ

キンプリの神宮寺勇太さんについて調査しました。神宮寺勇太さんは空手で全国2位の実力だったこと、一人っ子で姫ちゃんという愛犬を妹のように可愛がっていること、その優しさや包容力の凄さから国民的彼氏と呼ばれていることなどご紹介しました。

 

【関連記事】

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました