池田エライザと熱愛カンタが彼女匂わせ!出身は田川で兄もモデル?

池田エライザ
スポンサーリンク

2020年9月21日(月)19時よりTBSテレビで放送される「CDTVライブ!ライブ!」に、池田エライザさんが出演します。

池田エライザさんは、8月に放送された「2020FNS歌謡祭 夏」で、中島みゆきさんの「時代」と絢香さんの「I believe」(上白石萌音さんとデュエット)を披露し、その透き通る歌声が話題となりました。

そこで、池田エライザさんと熱愛の噂であるユーチューバーのカンタさんとのことなど調査しました。池田エライザと熱愛カンタが彼女匂わせ!出身は田川!兄もモデル?などご紹介します。

スポンサーリンク

池田エライザと熱愛カンタが彼女匂わせ!

まずは、ユーチューバーのカンタさんの基本情報をご紹介します。

ユーチューバー・カンタの基本情報

本名:佐藤 マイケル 寛太(さとう マイケル かんた)
年齢:1994年4月4日生まれ 現在26歳
血液型:B型
身長:167cm
出身校:青山学院高等部・普通科、青山学院大学卒業

カンタさんの両親は日本人ですが、生まれたのはマレーシアで、一旦、日本で過ごし、小学4年生の時にシカゴへ移住していますが、2007年4月に川崎市の中学校に入学しています。ちなみに、本名の”マイケル”は、海外生まれのためミドルネームが付けられています。

カンタさんは、水溜りボンド(みずたまりボンド)という男性2人組ユーチューバーとして活動しています。青山学院大学のお笑いサークルで出会った2人で、漫才コンビを結成し、2014年にキングオブコントで準々決勝へ進出しました。

2015年頃からYouTubeに動画を投稿し始め、現在ではチャンネル登録者数435万人。相方へのドッキリをネタに5年以上毎日動画を投稿しています。動画の総再生回数は約32億回。推定月収は500万円以上とも言われています

カンタが彼女匂わせ

そして、池田エライザさんは、2020年7月にカンタさんと半同棲しているとスクープされました。出会いのキッカケは、2019年5月に公開された池田エライザさん主演映画「貞子」に、水溜りボンドの2人が本人役で出演した時とされています。

カンタさんが彼女の匂わせは、相方と4年間程共同生活を送っていた部屋を引っ越したことから始まったと言われています。この引っ越しする話は、2019年12月にYouTubeチャンネルで報告し、翌月引っ越ししています。

しかし、それ以前の2019年9月頃のSNSで、お揃いの古着Tシャツで”匂わせ”もあったようです。

他にも2019年12月には、カンタさんがパリ旅行に行った写真などがSNSに投稿されました。

View this post on Instagram

パリ

A post shared by カンタ(水溜りボンド) (@kanta199404) on

同行者がいると思われますが、写真には写ることはありませんでした。しかし、カンタさんは、同行者は同世代の映画監督だと投稿。

池田エライザさんは、2020年公開予定の映画「夏、至るころ」で初監督と務めていて、カンタさんの同行者・同世代の映画監督とは、池田エライザさんじゃないのかとの噂もありました。

スポンサーリンク

出身は田川?

では、池田エライザさんの基本情報をご紹介します。

池田エライザの基本情報

本名:池田 依來沙(いけだ えらいざ)
年齢:1996年4月16日生まれ 現在24歳
血液型:B型
身長:169cm
出身地:福岡県福岡市

父親が日本人で、母親がスペイン系フィリピン人のハーフで、フィリピンで生まれ福岡で育ちました。母親はモデルと歌手だったようです。(ツイッター画像左がママのようですね)

 

池田エライザさんは、福岡県福岡市東区の北部にある香椎の小・中学校を卒業しています。田川は福岡県の中央部にある市で、池田エライザさんの出身地ではなく、初監督作品「夏、至るころ」の舞台となった場所です。

スポンサーリンク

兄もモデル?

池田エライザさんには、兄が2人と弟が1人います。兄弟が大きくなってからの顔出し写真は公開されていません。兄がモデルというのは噂だけのようです。

下の写真は何歳の頃かはわかりませんが、この頃から既に顔立ちが”池田エライザ”していて可愛いですね。男兄弟に囲まれて育っているので可愛がられたと思いますが、男勝りな性格で木登りなどする野生児だったそうです。

スポンサーリンク

まとめ

池田エライザさんについて調査しました。池田エライザさんと熱愛スクープされたユーチューバー・カンタさの匂わせや、福岡県田川市の映画で初監督したこと、兄はモデルという噂がありますが、モデルではないことをご紹介しました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました