緑黄色社会ギター小林壱誓がイケメン!ダンス歴や彼女や結婚も調査!

緑黄色社会
スポンサーリンク

2020年10月23日(金)24時59分より日本テレビで放送される「バカリズム02」に、4人組バンド・緑黄色社会が出演します。

そこで、緑黄色社会のギター・小林壱誓さんについて調査しました。小林壱誓さんがイケメン!ダンス歴や彼女や結婚についてもご紹介します。

スポンサーリンク

緑黄色社会・小林壱誓がイケメン!

男女混合4人組バンド・緑黄色社会のギター・小林壱誓さんがイケメンだと話題です。まずは、小林壱誓さんのプロフィールからご紹介します。

名前:小林 壱誓(こばやし いっせい)
年齢:1996年2月11日生まれ 現在24歳
出身地:愛知県

小林壱誓さんの身長は公表されていませんが、メンバーと並んだ画像を見る限りとても身長が高く、175~180cmくらいあるのではないかと推測されています。(下の画像の小林壱誓さんの左にいるボーカル長屋晴子さんは159cmです。)

このことから、高身長でイケメンな小林壱誓さんだと話題になっています。

そんな小林壱誓さんは、ボーリング場で見たYUIさんの「again」のMVで、YUIさんに一目惚れ。これがきっかけで、YUIさんと似たような色のギターを購入しました。この時は、音楽よりも人に惚れちゃったみたいです。

YUIさんの「again」は、アニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」のオープニングテーマに起用され人気曲となりました。この楽曲は、2009年6月にリリースしていて、小林壱誓さんは中学2年生の頃にYUIさんに一目惚れしたのかもしれません。

YUI 『again-short ver.-』

音楽は、母親の影響で、小さい頃からEXILE、SMAP、DREAMS COME TRUEなどを聴いていて、GReeeeNを聴いて音楽に興味を持ち始め、中学3年生の時にバンド・BUMP OF CHICKENを好きになったそうです。

中学校の合唱コンクールでは、歌が上手いと褒められたこともあり、高校の軽音部に入ってボーカルをするつもりでしたが、緑黄色社会のボーカル・長屋晴子の鼻歌のビブラートを聴き「負けた」と思い、小林壱誓さんはボーカルを諦めたそうです。

スポンサーリンク

ダンス歴

小林壱誓さんの実家はダンススタジオを経営していて、母親はダンスの先生です。その影響で幼い頃からダンスを習っていて、特技はジャズダンスとなっています。ただ、小学生の時は、ダンスが嫌だったという情報もあり、いつまでダンスをやっていたのかは分りませんでした。

2012年(高校2年生)に、バンド・緑黄色社会を結成し、2013年には音楽フェス「閃光ライオット」で準優勝を獲得しているので、ダンスを習う時間はなかったのではないかと思いましたが、2015年(大学2年生)の時に名古屋のダンススタジオ・ヒッツダンススペースのライブにダンサーとして出演していたようで、ダンスは続けていたのかもしれません。

さらに、ダンサーの友人もいるようです。小さい頃から一緒にダンスをやっていた友人が、EXPGの特待生でEXILEのサポートダンサーとしても活動していたそうです。

そんな、小林壱誓さんは2017年1月にリリースした1stミニアルバム「Nice To Meet You??」の収録曲「Bitter」のMVで振り付けを担当しています。

緑黄色社会 / Bitter

さらに、小林壱誓さんは、2020年9月にリリースしたアルバム「SINGALONG」の収録曲「Mela!」の振り付けもしていて、TikTokにダンス動画を投稿しています。

@ryokushaka

#緑黄色社会 #Mela #おうちで過ごし隊 #みんなに見せたい動画 #今こんなことやってみた #最高かもよ #小林壱誓 #踊ってみた

♬ Mela! – Ryokuoushoku Shakai

他にも、小林壱誓さんは、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカルRIKUさんと、RIKUさんがVJをしているスペースシャワーTV「LIVE YEAH!!!」のイベントで知り合い、プライベートでも食事に行くほど仲良しということで、TikTokで「Mela!」のダンスをコラボしています。

スポンサーリンク

彼女や結婚も調査!

ネットの検索候補には、「小林壱誓 彼女」とか「小林壱誓 結婚」というキーワードが並んでいます。ただ、調査しましたが、彼女がいるとか結婚しているなどの情報は全くありませんでした。イケメンなのでみなさんが気になって検索した結果、検索候補にあがってきたのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

緑黄色社会のギター・小林壱誓さんについて調査しました。小林壱誓さんがイケメンだと評判になっていることや、実家がダンススタジオを経営していて幼少期からダンスを習っていたこと、いまでも楽曲のダンスを振り付けしたり、ダンスに携わっていることをご紹介しました。

また、彼女や結婚というキーワードがネットの検索候補にありますが、情報は全くなかったこともご紹介しました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました