a子はシンガーソングライター!年齢や出身地は?経歴や顔画像を調査!

a子(エーコ)
スポンサーリンク

2020年11月1日(日)24時40分からフジテレビで放送される「LOVE MUSIC」のCome musicに、シンガーソングライターのa子(エーコ)が出演します。

水泡 – a子

そこで、a子について調査しました。a子の年齢や出身地は?経歴や顔画像などご紹介します。

スポンサーリンク

シンガーソングライター・a子の経歴

父親がレコードで音楽を聴いたり、ギターを弾いていた影響で中学1年生から音楽を始めました。当時は、学校や家庭など日常に違和感や不安を抱えていたこともあり音楽にのめり込んでいったようです。

スマホもパソコンも持っていなかったa子は、CDショップでアルバムを買い集めたり、近所の中古レコードショップで、プログレッシブ・ロックバンド「ソフト・マシーン(Soft Machine)」を聴いて、自分の不安な感情を音楽で表現しようと、作曲など音楽活動を開始しました。

2018年頃から都内のライブハウスでライブし始め、1年後に行われた「SUMMER SONIC2019」へ出演するためのオーディション企画「出れんの!?サマソニ!?2019」で、3,900組の中の33組に選ばれました。

完全セルフプロデュースのa子は、作詞作曲を手掛け、ミックス、映像ディレクションまで行います。また、King GnuとクリエイティヴレーベルPERIMETRONの関係に影響を受け、レコーディングやミュージックビデオの制作にあたって、10名のクリエイター集団”londog”を作りました。

この”londog”のマスタリングエンジニアは、シンガーソングライターの笹川真生さんなどの作品も手掛ける中村リョーマさんが担当しています。

2020年6月 1stシングル「肺」を配信リリース
2020年7月 2ndシングル「水泡」を配信リリース
2020年9月 1st EP『潜在的MISTY』を配信リリース
スポンサーリンク

a子の年齢や出身地は?

そんなa子の年齢などプロフィールは公表されていません出身地は兵庫県で、2017年にアーティストを目指し上京したと語っています。その後、2018年からライブ活動しているので、もしかすると、音楽関係の学校に通ったのかもしれませんね。しかし、学歴等の情報もありませんでした。

スポンサーリンク

顔画像も紹介

a子の顔は、アー写で見られますが、上目遣いの角度ではっきりとした顔がわかりません。

2020年7月にリリースした2ndシングル「水泡」のジャケ写は、目に飾りが掛かっていて目元が見えません。ちなみにジャケ写はa子率いるクリエイティブチームlondogが手掛けています。

こちらの画像は、2020年9月にリリースした1st EP「潜在的MISTY」のジャケ写です。メイクしてボワっとぼかした画像なのでイマイチ顔がはっきり分かりません。

このEPの収録曲「ろれつ」のMVでは、帽子を目深にかぶっていて、顔が全く見えません。ただ、顔が見えない分、歌声に集中できる気もします。a子の歌声は、独特な存在感を解き放つウィスパーボイスが特徴的です。

a子 – ろれつ Live (Music Bar Session)

2020年3月に公開された「CHAOS」のMVでは、やっとa子の顔がはっきりと見られます。赤毛のa子の歌う顔はとても綺麗です。MVでは終始大人っぽいa子ですが、1か所だけ大人っぽい顔ではなくなるシーンがありました。MVの1分46秒あたりで、スパゲティーをクルクルと絡めたフォークを持ったa子が顔をテーブルに押し付ける姿は、可愛らしい少女のようです。

CHAOS – a子 : MUSIC VIDEO

さらに、2019年の「出れんの!?サマソニ!?2019」に出演したa子の画像がツイッターにありました。たった1年前の画像ですが、いまより少し初々しい気がします。

とうとう見つけました。a子の普段の姿がこちらです。1stEP「潜在的MISTY」リリースのためタワーレコードにメンバーと訪れた画像です。a子のすっぴん画像でしょうか。なんだかMVやステージ上とは違って明るい雰囲気ですね。

https://twitter.com/TOWER_Kawasaki/status/1308629404466044929

スポンサーリンク

まとめ

シンガーソングライターのa子について調査しました。a子の年齢やプロフィールは公表されていないため年齢は分かりませんでした。ただ出身地は兵庫県と公表していました。

2017年に上京し、2018年からライブ活動を開始、2019年の「出れんの!?サマソニ!?2019」でファイナリストに選ばれたことや、これまでリリースしたシングルとEPや顔画像もご紹介しました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました